河内生涯学習支援センター
                               

こうち再発見「ぶらぶら河内」第2回目を開催しました

 6月6日(火)第2回目の「ぶらぶら河内」を晴天のもと開催しました。
 町内外から総勢31人で戸野地域の東側を講師のお話を聞きつつ、ぶらぶら致しました。
 初めに戸野地域センター前にて主催者あいさつや簡単なストレッチを行って、出発しました。
 (説明を伺った場所を簡単にご紹介します)

 最初は戸野地域センター敷地内にある「中川保蔵氏の碑」の説明を伺いました。
(中川氏は1899年に村会議員当選以来種々の公職にあたり、1915年に小学校の敷地として土地を寄付られて方です)
「登能橋」です。
 橋から見た「沼田川」
8月5日には「戸野親子ふれあい川遊び」(毎年8月第1土曜日開催)が開催されました。
 橋を渡り切ったら「山藤丈平氏の碑」があります。(山藤氏は戸野村の原田橋及び大渡橋の2大大橋の建造に貢献した方です)
 碑のある場所の近くから、昔あった橋の跡が見えました。
 「旧戸野中学校」です。
宇山、戸野、上戸野(現福富町)地域の子ども達が通学していたそうです。
 階段を上り山道を進むと「栃木の観音」があるそうです。
 雨上がりで道が危ないため、下の道路で説明を伺いました。
 進んでいくと山際に「ササユリ」を見つけました。凛として美しいですね。
 河内町重要文化財「廃東光寺」に到着です。
 地域の方がきれいにされておりました。
 特別に中(木造十二神将)を見せていただき、地元の方から貴重なお話を伺いました。
 建物のところどころに発見がありました。
 「逆さの松」の写真を発見!
 柊の見事な伸び方です。倒れないように支えがしてありました。
 面白いもの発見!珍しくないですか?
 廃東光寺から少し進むと見えるのが「津辻古墳」です。
 道中、次回「ぶらぶら」する宇山が見えました。
 何か歴史が有りそうな・・・。
 可憐な花が咲いておりました。
 「フードロード」(私が勝手に呼んでます)を下っていきます。
 大きな琵琶の木です。
 ヤマモモの木です。
 栗の木、柿の木、少し進むとたらの木、筍、淡竹など食材がいっぱいの道です。
 懐かしい農機具がきれいに並んでおりました。
 「キツネのしっぽ」?
 またしても、「ササユリ」発見!
「イチジクの木」かわいい実がついてました。
 帰り道、上から見た麦畑はきれいに色づいていました。
 戸野地域センターに戻り、事務所内にある「江木鰐水の書」を見せていただき、終了となりました。
 
 
 
 
 
 

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト