東広島の野鳥と自然に親しむ会
                               

6/11(日) 2017年度バードウォッチング入門講座 第1回

開催 日時 平成29年6月11日(日)
          AM9:00〜PM12:00
場   所 平岩地域センター
入門講座生 23名
会員参加者   20名

9時00分予定より5分早く、次第に沿って今年度第1回目のBW入門講座の開講式が始まった。開講式宣言の後、最初に飯田会長よりあいさつがあり、当会の目的・活動状況・受講に対する心構え等の話があった。つづいて会員スタッフの紹介があり、開講式を終える。

 
   

9時10分早速新名顧問を講師とする「オリエンテ−ション」の講義から始まった。野鳥観察上のマナー・写真撮影と公表(インターネット)上の注意事項・受講上の注意・野鳥観察上達の秘訣・双眼鏡選定等の話があった。また「この鳥を描いてみよう」では「キンクロハジロ」を講座生に描いてもらい、野鳥観察の仕方・楽しみ方・野鳥観察から拡がる世界等いろいろな事例を交えた話がありオリエンテーションを終えた。
2つ目講義前に、受講生の皆さんに事前配布されていた会員撮影の「野鳥のDVD」の見方について補足説明があった。
10時35分2つ目の講義「覚えておこう!鳥の体の名前や生活に使う用語」と題して原田講師より説明が始まった。今年の講義資料の配布は無く「野鳥観察ハンディー図鑑」を使用し、鳥の各部の名称・用語(分類と生物多様性・鳥の体や模様・鳥の生活・飛び方etc)説明があった。説明後には先ずは野鳥観察ハンディー図鑑を手に持って、早速今日からバードウォッチングを楽しんで欲しいということで前半の講義は終了。
後半は会員が編集した野鳥のDVDを見ながら、前半に説明のあった内容を踏まえ各野鳥(33種類)の特徴の説明があった。
例年受講生には52種類の野鳥(資料配布)を覚えるようにとのことであったが、今年度はそこまでの要求はしないとのことで講義を終了。
最後に今日の講義に関するアンケートを提出してもらい、次回の開催日を確認後本日の入門講座を修了した。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト