河内生涯学習支援センター
                               

夏休みお楽し講座2017「大きな折り紙で作る世界の動物とFriends of the world」

 平成29年8月5日(土)9:30〜東広島市河内町にある河内地域センターで「大きな折り紙で作る世界の動物とFriends of the world」を開催しました。(河内地域センターと河内生涯学習支援センター連携講座)
 75cm×75cmの大きさの折り紙を使用しました。この折り紙で、世界6大陸にちなんで6体の動物を作りました。また、少しでも子どもたちが世界の平和について考えるきっかけになればとの思いから、河内こども図書館にご協力をいただき、平和に関した本の読み聞かせをしていただきました。
 小学生22名(保護者等17名 合計39名)の方が参加してくださいました。

 
   

 3人の講師の方に教えていただきながら、1人が2体の動物を作ります。
作る動物はくじで決めました。
 
 ここは「ヒツジとゾウ」を作っています。
 ここは「コアラとクマ」を作ってます。
 ここは「パンダとワニ」を作ってます。
 ヒツジ以外は2〜3枚の折り紙を組み合わせて1体の動物を作るので大変です。
 少しずつパンダができてきました。
 講師の方が丁寧に教えてくださいました。
 お友達どうしで協力して作っているのを見て、うれしくなりました。
 大きい折り紙なので、半分に折るのも大変です。
 2体目の動物を作るころ、少し疲れが・・・。
 作り方を確認しながら・・・完成に近づいてます。
 小さい子には大変だったようです。
 しっかり講師の話を聞いてもう一頑張り。
 作品ができたら名前を書いて別の部屋で展示しました。
 河内子ども図書館の司書の方に絵本を読んでいただきました。
 みんな静かに聞いてくださいました。
 次に、紙芝居「ふうちゃんのそら」をしてくださいました。 
 
 展示をするとき、1体が大きいのでなかなか大変でした。
 色々と大変だったけど、参加者の皆様が喜んでくださっていたので、感無量でした。
 折鶴でオブジェを作りました。最後に子どもたちに作ってもらった折鶴貼りを完成のつもりでしたが、時間の関係で当日はちょっとだけ折鶴が足りませんでした。ので、これは翌日完成させて写真に撮りました。
 短い時間でしたが、この講座が参加した子ども達の平和について考えるきっかけになっていてくれたらうれしい限りです。
 参加してくださった皆様、3名の講師の方をはじめ、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト