河内生涯学習支援センター
                               

こうち再発見「ぶらぶら河内」第9回目を開催しました

 10月27日(金)第9回目の「ぶらぶら河内」を素晴らしい秋晴れのもと開催致しました。総勢21名でぶらぶら致しました。
 小田地域センターに集合し、主催者あいさつ、簡単な準備運動を行って出発しました。(説明を伺った場所等を簡単にご紹介します) 
 

 「小田八幡神社」です。
 入り口に大きな「石灯篭」がありました。
 参道の両サイドには46基の石灯篭が並んでいます。
 見事な建物です。
 中に入れて頂き、「みんみんゼミ」の方が紙芝居を披露してくださいました。
 はじめに「小田八幡神社の伝説」を伺いました。紙芝居と同時にDVDも見せて頂きました。
 次に「茶のみ地蔵」を伺いました。
 境内にある「文明誌碑」と「逆修板碑」です。
 屋根に「虎と龍」を発見!
 「小宇地屋墓地」です。そばに説明の看板があります。
 紙芝居で教えて頂いた「茶呑み地蔵」です。道路そばにありました。
 「山王堂」です。
 山王堂の前の坂道です。昔は「人斬り坂」と呼ばれていたそうです。
 「浄蓮寺」です。
 「阿吽」(?)を見つけました。
 敷地内にある「小田尊順師記念碑」です。
 お寺に入れて頂き、お寺の歴史を伺いました。
 浄蓮寺から少し進むとこの「道標がありました。「左河戸戸野○西條」「右○○○久芳方面通」と読めたのですが・・・(○は読み取れなかった字です。)
 歴史ある「道標」を発見!残念ながら字が読み取れませんでした。
 「大水車」です。「造賀」と「宇山」にもあります。
 前回小田を「ぶらぶら」した時も思いましたが、どこの道もきれいでした。地域の方々の郷土愛を感じました。
 ご協力いただきました小田地域の方々に感謝申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト