三永地域センター
                             

シャドウボックス体験講座

 11月21・28日(火)12月12日(火)の全3回、三永地域センター初のシャドウボックス体験講座が行われました。
 エルグデザインの新谷博先生のご指導のもと、宮島をモチーフにした、大鳥居と鹿のデザインを立体的な写真に仕上げていきます。
 今回は、比較的易しいパターンと少し難しめの2通りの写真をご準備いただき、8人の参加者の方々がシャドウボックスに挑戦しました。
 

 
   

まずは新谷先生から、シャドウボックスの歴史やシャドウボックスとは何かについて、お話いただきました。
新谷先生のデザイン。写真の用紙に印刷してご準備いただいた、シャドウボックスの元になる写真です。
写真に沿って白い部分を切り取っていきます。
細かい作業に、みなさん集中しています。
専用のナイフを使って、細かい部分を切り取っていきます。
先生に質問しながら、作業は進みます。
切り取った写真と、秘密の道具を何枚も重ね、立体的につくっていきます。
最後に セメダインで光沢を出します。
2種類の作品ができあがりました。
写真、材料、額縁もセットで、参加費は2千円で完成しました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト