三永地域センター
                             

そば打ち教室

12月16日(土)
そば打ち道場一山会のみなさんに教えていただきながら、男性8人がそば打ちに挑戦!
そば8:中力粉2の粉を少しずつ塊にまとめていき、練る、伸ばす、切るという作業。お手本を見ながら苦戦しながらできたそばは、家族へのお土産となりました。

まず、粉に少しずつ水を加え、適当な硬さになるまで手で水を回します。
塊をまとめて練り、つやを出していきます。
力加減が大切!
のし棒で、丸く伸ばします。
今度は、のし棒に巻きながら、四角にします。
薄くなるまでのばします。

水分や練り具合、伸ばしにかける時間で、出来具合が変わるそうです。
包丁で1〜2mm程度の幅に切ります。これがなかなか難しい。
自分でつくったそばは、持参の箱にいれて、家族へお土産に。
みなさん、家族の感想はいかがだったでしょうか?
一山会のみなさんが準備してくださったそばを みんなで試食。
お手本のそばは、とてもおいしかったです。辛み大根の入ったつゆでいただきました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト