御薗宇地域センター
                             

【御薗宇】のんバスで行く 冬の酒蔵見学

平成30年1月24日(水)
とても寒い日でしたが東広島市観光協会にガイドさんをお願いして酒蔵見学会を行いました。酒造りについて沢山の新しい発見がありました。
灯台下暗しのことわざのように、市内にもまだ知らない所が沢山あります。新しい発見がもっとできそうな施設見学会になりました。多くの皆さんに参加していただきありがとうございました。

のん太のイラストでお馴染みのピンクののんバスで、いざ出発!
福美人の煙突。酒蔵通りのシンボルタワーです。
白牡丹では、吟醸酒や二級酒の造り方や味わい方などを詳しく説明して頂きました。
ボランティアガイドさんの説明を熱心に聴きながら、酒蔵通りを歩く受講生。
賀茂鶴の売店には、大正時代のポートワインのポスターがあります。日本に4枚しか残っていない貴重なものです。
賀茂泉酒蔵の格調高い玄関。
麹室も見学できました。半袖で作業されていました。
賀茂泉の心臓部   にも潜入させていただきました。出来立てのお酒の香りが立ち込めています。   
賀茂泉前垣社長邸の石庭を拝見。特別に社長さん自ら紹介して頂きました。。
昭和を代表する庭園師 重森三玲の作品です。
試飲タイム。皆さんいきいきと笑顔がこぼれていました。
賀茂鶴の展示室。古い貴重な酒とっくりも展示されています。
見学の最後は、酒処「樽」で昼食です。安芸津産の牡蠣のフライは絶品です。
牡蠣フライ定食に舌鼓。
受講生の皆さん、寒い中大変お疲れ様でした。有難うございました!

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト