刈又池周辺森林整備研究会
                               

12月度の作業報告

今朝は今年一番の冷え込みで銀世界の中作業をすることにした。今月は学校関係者も作業に加わり2月に行われる“とんど祭り”用の小枝集めを全地域で集中して行った。また一部の人は料理班とイベントの準備班に分かれ昼食としめ縄作りの藁の芯作りをした。現場の作業は11時で切上げ、その後集会所に移動して忘年会としめ縄作りを実施した。
忘年会では各自の森林作業に対し想いを披露。この森林がこの地域の名所になる様な整備をしたいと言う意見もあった。
しめ縄作りではチーフ村尾氏の指導で売り物と遜色のない程の出来栄えの“しめ縄”ができた。
また、参加人数もそこそこ集まるので1月は休会であるが普段手の付かない第3地域の作業を皆から提案いただき新年度1月は作業することになった。
作業日 12月17日(日)
参加人員 26人

2月のとんど祭り用の小枝集めをしているところ
雪の中ゆきを振り落とし小枝を集めているところ
寒さの中黙々と小枝を集める作業の皆さん
作業の後集会所でぼうねんかいを実施した。幹部連中
今年の成果などを語り和やかに楽しく過ごした。
毎回食事のあるイベント時は賄を支えてくれる頼もしい女性陣
感謝!感謝!です
非常に寒い日の朝からしめ縄作りの藁の事前準備をしているところです。
わらをほぐす為木槌でたたいているところ
忘年会の後指導者に教わりながら縄を編む参加者の皆さん
指導者の言葉をよく聞きせっせとしめ縄を作る参加者
自分たちの出来上がったしめ縄を手元に記念撮影。市販品よりよくできました。
食事の準備を担当した女性陣

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト