東広島デジタル写真研究会
                               

世羅・上下撮影旅行

中国新聞写真クラブが行う撮影会が今回は「初夏を撮る上下・世羅」をテーマに行われます。
当クラブは世羅夢公園と上下の街並みを撮影地に選びマイクロバスをチャーターして17名で参加しました。
最初の夢公園では前日に下見した人工の湿地田でハッチョウトンボや周辺の花などを写しているとメンバーの一人が交渉したのか、ハウスで飼育している蝶「ヒョウモンモドキ」を撮影させて貰えることになりました。
この蝶は絶滅危惧種で日本では現在消息しているのは三原市と世羅町のごく一部だそうです。
普段は公開はされていませんが今回は餌となるノアザミを採集する作業を行うことを条件に撮影することが許されたようです。
ハウス内では蝶も安心するのかカメラを近づけても逃げないので思い思いの写真がたくさん撮れました。
お昼は近くのワイナリーで食事をした後ワインの試飲や何人かは購入し上下に向かいました。
途中中国新聞が設定したホテルでコーヒーとお菓子を戴き、上下では夢街道あたりを各自自由に撮影しました、


前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト