東広島デジタル写真研究会
                               

写真展準備

当クラブは年2回、東広島芸術文化ホールの市民ギャラリーで写真展を開いています。
今回は副題を「昭和が残る東広島」で21名が3枚ずつと自由作品を合わせて72枚の展示になりました。
平均年齢が70歳を超えるメンバーですが、写真を撮ることから始まりレタッチ、プリント、額装を自分で行った作品です。

展示前のミーティング
写真展初日に隣でロビーコンサートが行われていました

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト