ホーム > たより・お知らせ > ペットボトルキャップリサイクル

件名 ペットボトルキャップリサイクル
内容 ペットボトルは、年間約250億本が生産され回収率は62%、再資源化率は37%で完全再資源化には、ほど遠い状況となっています。
再資源化を促進するには、東広島市では、ペットボトルからキャップを外し、ラベルをはがしなるべく小さく潰しリサイクルプラ回収日に出します。
ペットボトルキャップはそのまま捨てると焼却処分されCO2の発生源になったり、そのまま埋め立て処理されると土壌汚染を引き起こす事にとなりリサイクル資源に成りません。
キャップを分別回収する事で、環境保護と再資源化の促進が出来大変すばらしい事です。
 私たちが、ペットボトルのキャップを外して集め、「再資源化」する事で「CO2の削減」と「市役所の収集・焼却費用の節減」やキャップの再資源化で得た売却益を「発展途上国の子どもたちにワクチンを贈る」この3つの効果が有ります。

個人でも、地域単位でも、学校環境学習の一環としてでも回収を実施して下さい。

ペットボトルキャップ回収方法や回収されましたキャップの処理方法に付いてはご遠慮なくご相談ください。
 
問い合わせ先
 
情報掲載日:2013/05/27
前の画面へ戻る
▲ページトップ